【テンプレ付】フリーランスコンサルの選ばれる職務経歴書の書き方


【テンプレ付】フリーランスコンサルの選ばれる職務経歴書の書き方

こんにちは、株式会社SENJINの共同代表の石川です。私は、外資系コンサルティングファームを経て、フリーランスコンサルとして活動しています。また、株式会社SENJINにてフリーランスコンサルの方に案件紹介・独立支援のサービスを提供(フリーランスコンサルの即時案件紹介・マッチング「SENJIN Platform」)しています。

フリーランスコンサルは、マッチングサービスを通じ営業する際に「職務経歴書」が必要となります。そこで、今回は「選ばれるフリーランスコンサルになるための書き方・ポイント」について解説していきます。


私は、フリーランスコンサルとして初めて職務経歴書を提出するとき 「転職時に使ったものをとりあえず少しアップデートすれば良いかな。」 程度の意識しかありませんでした。 ただ、実際に私自身が営業活動する過程や他のフリーランスコンサルの方の営業を代行する中で、すでに職務経歴書の書き方で大きな差が付いているということに気がつきました。そして、今では、職務経歴書は自己の強みを言語化したものであり、営業活動の心強い武器になると感じています。


これからフリーランスコンサルになる方や、既に活動している方で職務経歴書の書き方を考えている方はぜひ参考にしてみてください。 当記事で紹介している「職務経歴書サンプル」をプレゼント中!SENJIN Platform | お役立ち資料ダウンロード (無料)より、ダウンロードしご利用ください。


 

この記事は以下のような人にオススメ

  • フリーランスコンサルでマッチングサービスを活用している人、これから活用しようとしている人

  • コンサルファーム在籍者またはOBで、フリーランスコンサルに興味がある人、独立に向けて準備をしている人

  • その他、将来的にフリーランスとして様々な企業の経営に関わっていくことに興味がある人

この記事で学べること

  • フリーランスコンサルとして、マッチングサービスを利用し案件を獲得するために職務経歴書をドラフトする際のポイントが分かる

  • フリーランスコンサルとして活躍していくうえでの軸や価値を高めていくためのポイントが分かる

 

目次

  1. クライアントは職務経歴書のどこを見ているのか

  2. フリーランスコンサルタントの職務経歴書のひな型・構成要素

  3. 強みとする領域をどのように決めるか

  4. 職務経歴書を書く際に気を付けるポイント

  5. まとめ:職務経歴書という武器を定期的に磨いていこう

 

1. クライアントは職務経歴書のどこを見ているのか


まず一番重要なのは職務経歴書を見る側、つまりはフリーランスコンサルを採用するクライアントの視点に立って考えるということです。 クライアントは職務経歴書のどこを見ているのか考えていきましょう。


1.1. クライアントはプロジェクト型案件の遂行能力があるかを見ている

まずクライアントは、頼みたいと思っているプロジェクトの課題解決、あるいは実行推進するための十分な能力・実績をあなたが持っているかを知りたいと思っています。 転職に向けた職務経歴書をそのままイメージしていた方にとって注意が必要なポイントです。

「転職時」の職務経歴書は特定のポジション、ジョブを任せられるかを判断するための書類の一つという位置づけです。一方で、「フリーランスコンサル」の職務経歴書はこの書類で面談するかどうか、あなたの第一印象を決める唯一の書類です。 したがって、フリーランスコンサルの職務経歴書では簡潔にあなたの価値を訴求する点を心がけて作成することが必要となります。


1.2. 見る側も忙しい!サマリーと実績の裏付けを見たい


クライアント側がフリーランスコンサルを選ぶ際には、複数の候補者の職務経歴書に目を通します。 そもそも人が足りないのでフリーランスに外注しようと思っているのですから日常業務もいろいろと抱えで忙しくしている場合が多いでしょう 。


このような中で、選ばれるフリーランスコンサルになるために、「どのように情報を構造化して提示したら良いか」「相手が採用したい、面談したいと思うのか」この観点に応える職務経歴書を作成しましょう 。具体的に相手がぱっと見て判断しやすいように冒頭ページにサマリーをまとめ、その後のページに詳細な経歴や案件実績などサマリーを裏付ける要素を簡潔に記載していくと良いでしょう 。


1.3. 基本的な成果物作成スキルを見ている


クライアントがあなたの職務経歴書を見るポイントの1つが、「この資料そのものでフリーランスコンサルの成果物を作成するスキルをある程度判断できてしまう」ということです 。コンサルタントとしての能力・実績のまとめ方は、あなたの情報の構造化・整理力、論理展開力を判断することができます 。


誤字脱字やフォーマットの体裁が見やすいか綺麗かでクライアントへの成果物のクオリティを判断できます 。したがって、職務経歴書を作成する際は最高の成果物を作成する意識で挑みましょう 。


2. フリーランスコンサルタントの職務経歴書のひな型・構成要素

では具体的に職務経歴書にはどのような内容を記載すれば良いのでしょうか。 百聞は一見にしかずフリーランスコンサルタント向けの職務経歴書の雛形記載例を用いながら解説して行きます。記載例及び記載用のテンプレをSENJIN Platform | お役立ち資料ダウンロード (無料)より、ダウンロードできますので、こちらを参照しながらご利用ください。



2.1. 最初に:まずは「サマリー」でシンプルに。以降に実績詳細をまとめる


繰り返しになりますが、まず読み手側の意識としては、会ったことのないあなたがどんな能力を持ち何が出来るのかをなるべく時間をかけずに判断したいと思っています。そのため、何ページもの職務経歴書をじっくり読ませる前提ではなく、最初の1ページの要約サマリーであなたの強みや経験の概観を掴んでもらい、その後のページでその裏付けとなる職務経験・案件実績をまとめるとい良いでしょう。


この構成を意識することで読み手にとってもあなたが必要な人材かどうかを短時間で的確に判断することが出来ます。このため、あなたがプロジェクトにアサインさるまでの時間短縮や、成約率向上の効果が期待できます。


以下それぞれの項目について解説していきます。


2.2. サマリー①:基本情報


冒頭に通常履歴書に記載する基本的な項目を記載します。

  • 氏名 ※読み仮名も忘れずに記載必須

  • 生年月日

  • 出身大学 ※学歴自体を問われることはないので省略も可能。アピール材料になる場合に記載。

  • 資格 ※希望する案件テーマ領域に関連してアピール材料になると判断した内容を記載。


2.3. サマリー②:職務要約


「これまでにどのような組織に所属して、どのような経験を積んできたのか」そして、「現在は何をやっているか」を端的に記載していきます。 応募する案件領域のスキル・専門性があることを示す内容にすることが肝要です。

2.4. サマリー③:活かせる強み


あなたならではの「強み」を端的に1~2行で記載します。その上で、「強み」を裏付ける具体的なプロジェクト実績等を簡潔に記載しておくと良いでしょう。記載のポイントとしては、「応募するプロジェクトにおいて、強みを活かせる具体的なシーンをイメージできるまで具体化する」と、書類突破の確率が各段に向上します。



2.5. サマリー④:得意なテーマ・領域


上記の「強み」に鑑み、自らが得意とするプロジェクトのテーマや領域を複数記載しておきます。上記「強み」と当「得意なテーマ・領域」が応募するプロジェクトの内容・求められる人材要件と合致していれば、書類選考は突破することができると思います。


2.6. サマリー⑤:主なプロジェクト実績


ここでは、上記テーマ・領域が得意だと言うために、これまでに参画してきたプロジェクト実績を簡潔に記載していきます。 あくまで、あなたに依頼するプロジェクトで求められるスキルセット・案件実績を積んでいるかを判断できるか否かが重要なポイントになります。個別具体的な案件名や定量的な業績結果でアピール出来れば尚良いですが、機密情報もありますので通常そこまで求められません。 実績詳細は後段でまとめるため、簡潔に記載することが重要です。


2.7. サマリー⑥:職務経歴


ここでは、正確に何年から何年までどこの企業で、どのようなランクで在籍していたかを記載していきます。

  • 200X年X月~現在 :フリーランスコンサルタント

  • 200X年X月~200X年X月 :XXX & Company(戦略ユニット) マネージャー

  • 200X年X月~200X年X月 :XXX & Company(戦略ユニット) シニアコンサル

  • 200X年X月~200X年X月 :XXX & Company(戦略ユニット) 新卒入社/コンサルタント



2.8. 実績詳細


プロジェクト実績や個々の会社で経験した職務経験を個別の案件やテーマごとに記載します。 どのような案件に参画し、その案件の中でどのような役割でどのようなタスクを遂行したかを簡潔に記載します。クライアントが特に見たいのは、依頼したい業務に関係する類似の経験を持っているか否かです。 もし類似の経験があれば任せたいと思う確度が高まります。


よくあるダメな職務経歴書の例ですが、「案件内容・案件の成果は具体的に記載してあるが、自らが行ったことが記載されていないケース」です。これでは、応募者自体が何を行なったのか/行えるのかがわからないため、適切に判断ができなくなります。したがって、以下のような要素を簡潔に整理してあなたがどのようなプロジェクトで、どのように貢献できるのかを具体化・明確化しましょう。


  • どのような業界のクライアントに対して?

  • どのようなテーマを?

  • どのような役割かつどのくらいのチーム規模で?

  • どのようなことを自らは行なったか?



3. 強みとする領域をどのように決めるか


「職務経歴書」を記載する際に、最も重要かつ、悩ましいポイントは自分の得意領域、活動する領域をどのように定義するかです。 ここでは分野を決めていくうえでのアプローチを3つ簡単に紹介します。


3.1. 顧客への提供価値アプローチ


顧客、つまりは採用側の視点に立って考えることがまず第一に重要です。 プロ人材向けのマッチングサービスで紹介される案件は、主にエンドクライアントの事業会社に直接メンバーとして入っていくケースと、コンサルティングファームのメンバーとして入っていくケースがあります。

いずれの場合にも、エンドクライアントに対してコンサルタントとしての「あなたならでは」の価値をどう伝えていくべきかをしっかりと言語化しておきましょう。 この場合、特定分野での高い専門性に加え、「あなたならでは」の価値・強みの源泉となる経験をいくつか合わせ技でクライアントにアピールできるようになれると案件開拓がぐっと楽になります。


3.2. 自己分析アプローチ


自己の内面を分析していくアプローチになります。 これは自分の得意とすること、好きなこと、わくわくすること、やりたいことを深く知り探求することです。 自己認識のもとで選んだ分野の仕事であれば自然と高いモチベーション、パフォーマンスを維持しやすくなるでしょう。 興味がある方は以下の書籍も参考になると思います。 顧客やビジネスの視点も含めてあなた自身の活動領域を選ぶ上でたくさんのエクセサイズやヒントが盛り込まれています。


ビジネスモデルYOU


3.3. 市場トレンドアプローチ


これからの時代に必要となる最新のトレンドを把握し積極的に関わっていく視点はフリーランスコンサルの報酬/市場価値を維持し、高めるうえで非常に重要です。 特に大きなトレンドとしてデジタル化やコロナを契機とした事業環境の変化により、新しいテクノロジーを活用して行くためのプロジェクトやコンサル人材ニーズはますます増えていくでしょう。

いち早くこのトレンドのプロジェクトに関わり経験、実績を作ることで他の企業やプロジェクトにおいても求められる人材になることができます。 フリーランスコンサルは、特定の企業や役職に縛られずにこのような最新トレンドのプロジェクトにいち早く携り、先行者利益を獲得しやすいという点で非常に恵まれています。

自分自身の強みや価値を高めていくうえでのテーマとしても着目すると良いでしょう。 ここでは最新のトレンドを把握するうえで役立つ書籍を2つ紹介します。



日経テクノロジー展望2022 世界を変える100の技術



2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ


4. 職務経歴書を書く際に気を付けるポイント

4.1. フォントのサイズや種類のルールを決める


クライアントへの最終成果物の意識で、フォーマットは統一して作成を進めましょう。 具体的にはフォントのサイズを統一したり、読みやすいフォントにすることとなります。それぞれの文章で用いているフォントやフォントサイズが異なっている場合、プロフェッショナルなの?とクライアントからスキルを疑われてしまいますので、つまらないことで減点されないようにしましょう。


4.2. 誤字脱字の徹底チェック、読みやすさを意識する


漢字や数字表記など誤字脱字がないことはもちろんのこと、文章は冗長な表現にならないように簡潔に記載しましょう。 各文章は適度に短くし、単語・文章の難易度を下げ、文字・行間を適度なサイズとすることがテキストの視認性を向上させることにつながります。箇条書きやスペース余白などを適時利用するなど読み手側の負担を軽くする工夫も大事です。繰り返しますが、成果物としてつまらない誤字脱字が多い文章によって面接前に落とされるケースもありますので注意しましょう。


また、当たり前ですが、職務経歴書は論文ではないので、ビュレットポイントを用いつつ、論理構成が一目でわかるように記載することが肝要です。


4.3. 機密事項には注意


案件内容などは機密事項にあたる可能性があります。具体的な固有名詞を避け案件内容が特定されないように配慮するか、顧客に許可をとってから記載しましょう。 (基本的には固有名詞は使いません)


4.4. 定期的にアップデートする


最新の更新日付が2-3年経過している職務経歴書を見かけます。 直近でどのような実績を経験しているのかや、そもそも大事な書類を更新していないという点で心象を悪くすることを避けるため、各プロジェクトが終わり次第、内容を忘れないうちに更新していくことが肝要です。


5. まとめ :職務経歴書という武器を定期的に磨いていこう


今回は、フリーランスコンサルが利用する「職務経歴書」を作成するうえでのポイントを解説しました。作成する過程で、あなたのこれまでの仕事を振り返り、今後の方向性を定めていく機会にもなります。 フリーランスコンサルとして理想の働き方を実現するうえでも、強力な武器として磨いていきましょう。

フリーランスコンサルとして自由な働き方をしたい方、戦略/BizDev案件をお探しの方は是非当社サイトよりご登録ください。フリーランスコンサルの即時案件紹介・マッチング「SENJIN Platform」(現在、フリーランスコンサルの方に「独立へ向けた計画テンプレート」と案件獲得率向上につながる「職務経歴書サンプル」を無料でプレゼント中です)


>>「おすすめ記事」一覧を見る